おなかスッキリ!オリゴ糖人気の商品比較【決定版】

読めば納得!失敗しないオリゴ糖の選び方

オリゴ糖の比較座談会はこちら

知って得する!オリゴ糖の知られざる効果とは

オリゴ糖には様々な健康効果が期待できますが、中でも注目すべきは腸内環境の正常化を促進する作用です。

オリゴ糖は善玉菌のエサになります。オリゴ糖を食べて増えた善玉菌が、腸内環境を乱す原因となる悪玉菌を抑制してくれるので、腸の調子が整うのです。

一口にオリゴ糖と言っても、その数は約20種類。中でも胃や小腸で消化されにくいオリゴ糖が注目を集めており、大豆や乳製品、ゴボウ、トウモロコシなどに多く含まれています。

腸には、食べ物と一緒に侵入してきた細菌やウイルスを排除する役割があります。免疫システムの70%が腸に集中しているといわれており、腸が丈夫になると、免疫力が向上したりアレルギー体質が改善したりするんですよ。

こちらでは、オリゴ糖を摂取することで期待できる効果についてくわしくまとめました。便秘解消、ダイエット、血糖値を下げる…などなど、「オリゴ糖を摂ってみようかな」と考えている方はぜひチェックしてみてくださいね!

便秘に

オリゴ糖は善玉菌の大好物!腸の中の善玉菌がオリゴ糖をモリモリ食べることで善玉菌は増えていきます。「善玉菌を飲むほうがてっとり早いのでは?」そんな風に思う方もいるかもしれません。しかし便秘を解消するには、善玉菌を飲むよりもオリゴ糖をエサにして腸内の善玉菌を増殖させるほうが確実です。その理由を詳しく解説します。

ダイエットに

オリゴ糖のダイエットはとっても簡単!白砂糖をオリゴ糖に替えるだけでかなりカロリーを抑えることができます。 オリゴ糖のカロリーは白砂糖の半分ほどしかありません。その上オリゴ糖は太るのを防ぐすごい秘密を持っています。 血糖値の上昇を抑える効果もあるので糖尿病を防ぎたい人にもオススメです。

美肌に

便秘も肌荒れを起こしますが、糖分の摂りすぎが肌にとって大切なビタミンB群を減少させてしまうことを知っていますか?ビタミンB群が不足すると肌はカサカサしたりポツポツができ、そのトラブルを繰り返すようになります。その救世主ともなるのがオリゴ糖!オリゴ糖をどのように使えばビタミンB群は守れるのでしょうか?

花粉症に

辛い花粉症。現代医学でもその原因は明らかになっていませんが、腸内環境が悪化すると発症するともいわれています。オリゴ糖で腸をキレイにしておくと花粉症の予防ができ、腸内感情が改善することで免疫力が上がり、その結果、症状が抑えられることも。オリゴ糖で腸内環境をよくするとアレルギーが起こらなくなるメカニズムも解説!

アトピーに

アトピーの原因ははっきりわかっていませんが、近年では腸内環境の悪化が大きな関係を持つと考えられています。 白砂糖がアレルゲンを増やすこともわかっています。白砂糖をオリゴ糖に替えることでアレルゲンを減少させることも可能です。白砂糖にあってオリゴ糖にはないアトピーへの影響について詳しく解説します!

食欲不振に

オリゴ糖は腸内に届いて善玉菌のエサとなり、腸内環境を改善する効果があります。そのため、腸内環境の悪化や乱れに由来する「便秘症」などの食欲不振の原因にアプローチし、腸から消化器官の機能改善を行い、食欲不振を解消することができます。

オリゴ糖に種類ってあるの?

一口にオリゴ糖と言っても、いろんな種類があるんです。
まず、大きく分けて「消化性」と「難消化性」に分けられます。

健康効果を意識するのであれば、難消化性のオリゴ糖がオススメです。なぜなら、胃や小腸で消化されることなく大腸まで届いて、腸内環境正常化などに高い効果を発揮するからです。

難消化性のオリゴ糖には、次の6種類があります。

乳果オリゴ糖

サトウキビや牛乳から生成されます。砂糖に近い自然な甘みですが、カロリーが低く整腸作用や免疫力の向上、高脂血症の改善など様々な健康効果が期待できます。また、カルシウムの吸収を促進するため、骨密度の強化にもつながります。

ビートオリゴ糖

甜菜や砂糖大根などから抽出される糖で、ラフィノースとも呼ばれています。甘さやカロリーは砂糖の約半分で、乳児用の粉ミルクにも使用されるほど、その安全性が認められています。大腸菌などの悪玉菌を減少させるほか、免疫力の向上にも効果が期待できます。

キシロオリゴ糖

トウモロコシなどに僅かに含まれるキシランという食物繊維から抽出される、稀少なオリゴ糖です。高い整腸作用のほか虫歯を予防する働きもあり、ガムなどに含まれるキシリトールはこのキシランを原料としています。

甘味は砂糖の半分程度で、カロリーも低めです。

フラクトオリゴ糖

タマネギやゴボウなどの野菜に含まれるショ糖から精製されるオリゴ糖で、腸内環境の改善や血糖値の調整などに効果が期待できます。さらに、虫歯になりにくい糖としても知られています。甘味は砂糖の半分ほどですが、カロリーも低いので女性に人気です。

大豆オリゴ糖

その名の通り大豆に含まれており、オリゴ糖の中でも特に甘みの強い種類です。様々な大豆製品からも摂取できるため、日本人にとっては身近なオリゴ糖だと言えるでしょう。整腸作用や美容効果も高いですが、カロリーも高めなので取りすぎには注意が必要です。

ガラクトオリゴ糖

母乳や乳製品に含有されている動物性のオリゴ糖です。甘味は少なく、砂糖の4分の1程度しかありません。ビフィズス菌を増殖させる働きがあり、整腸作用はとても優れています。ただし牛乳の性質の一部を持っているため、アレルギーに注意して摂取してください。

このようにオリゴ糖といっても種類がたくさんありますが、便秘解消や腸内環境改善に有効なオリゴ糖として、当サイトでは「乳果オリゴ糖」を推薦します!

なぜならその整腸作用はもちろんのこと、オリゴ糖の中でも砂糖に非常に近い甘みを持ち、しかも低カロリーといった嬉しいメリットがたくさんあるためです。砂糖と同じ量の乳果オリゴ糖を使用した場合、甘さは同じでもそのカロリーは約半分程度に抑えることができるのです。

甘味料として料理などにも使いやすく、体内に吸収されにくいのでダイエットにも無理なく取り入れることができるのもポイントです。普段使用している砂糖の代わりに、乳果オリゴ糖を代用してみるのもオススメですよ。

効果ももちろん大事だし、便秘に悩まされる多くの女性が慢性的な症状であることからも、一過性のものではなく、無理なく続けやすいことが大事ですよね。

便秘解消・腸内環境改善におすすめのオリゴ糖サプリを徹底比較!

上記のように、数あるオリゴ糖の中でも特に今回は乳果オリゴ糖の効果について注目してみることにしましょう。そこで、乳果オリゴ糖を含むサプリを厳選して紹介します!

乳果オリゴ糖が含まれていることはわかっても、詳しい含有量の記載がない商品もあったので、各商品のHPから含有量の多い順にまとめました。

黒ごま&オリゴ

黒ごま&オリゴ(かどや製油)

乳果オリゴ糖:2200mg含有(1包当たり)
POINT1 圧倒的な乳果オリゴ糖の含有量!
乳果オリゴ糖の含有量2200mg!便秘解消・腸内環境の改善が期待できます!
POINT2 ゴマとハチミツの甘さがとにかく美味しい
便秘解消効果があるゴマとハチミツがブレンドされ、やみつきになる美味しさが人気!
POINT3 圧倒的にリーズナブルで続けやすい
1日当たり78円という驚異的な安さに加え、スティックタイプなので持ち運びも便利!
POINT4 豊富な栄養素によって美容効果もプラス
美容効果が高いセサミンと黒糖のミネラルが含まれているので、美肌効果に期待!
便秘解消効果にかんする口コミ
  • 「パンに塗ってもそのまま食べてもホントにおいしくて飲みやすい!肝心の効果もバッチリで朝スッキリですよ!」
  • 「朝飲むと、自然な感じで1日2回のお通じがあります。お腹が痛くなるようなことがないのがいいですね」
  • 「やっぱりメーカーが信頼できますね。女性の悩みを解決してくれる成分がたっぷり入っているのがうれしい!」
商品情報
  • 価格:10包入り1袋972円(1日あたり97円)
    1ヶ月分定期コース:2,332円(20%OFF、1日あたり78円)※10包×3袋
    2ヶ月分定期コース:4,665円(20%OFF、1日あたり78円)※10包×6袋
  • 摂取目安量:1〜2包
  • 成分:黒ごま、乳糖果糖オリゴ糖、はちみつ、沖縄産黒砂糖
美味しくて美容成分たっぷりの
「黒ごま&オリゴ」はこちら

カイテキオリゴの画像

カイテキオリゴ

乳果オリゴ糖含有(※詳細は不明)
POINT1 複数のオリゴ糖で効果がアップ!
独自のEOS理論でラフィノースとミルクオリゴ糖、セロオリゴ糖など複数を配合。
POINT2 腸内でしっかり効く処方
複数のオリゴ糖があるので、腸内のどのビフィズス菌にも栄養が行きわたる。
POINT3 ほんのりとした甘さが飲みやすい
溶けやすい粉末タイプで溶けやすいのでどんな料理、飲み物に入れてもOK。
便秘解消効果にかんする口コミ
  • 「3歳の息子の便秘もこのサプリを野菜ジュースに混ぜて飲ませたら改善。スルーっと出るようになりました!」
  • 「飲み始めて3日目でスッキリ!便秘に悩んでいましたが楽になりました。自然に出るってホントに気持ちいいですね」
  • 「ヨーグルトに入れて食べています。効き目が落ちた時期もありましたが、今はスッキリと過ごしています」
商品情報
  • 価格:1ヶ月分150g3,065円(1日あたり104円)
    おためしコース:2,758円(1日あたり92円)
    3ヶ月分定期コース:2,604円(1日あたり87円)
  • 摂取目安量:5g
  • 成分:ラフィノース、ミルクオリゴ糖、乳糖、ショ糖
「カイテキオリゴ」の
詳細はこちら

はぐくみオリゴの画像

はぐくみオリゴ

乳果オリゴ糖含有(※詳細は不明)
POINT1 5種類ものオリゴ糖を配合!
ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、ビートオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖を配合。
POINT2 オリゴ糖の相乗効果で便秘を改善
さまざまなオリゴ糖が腸まで届きビフィズス菌を増殖させるので、便秘にも効果大。
POINT3 赤ちゃんも安心のオリゴ糖100%
オリゴ糖だけを原料としており無着色で無香料。妊婦や赤ちゃんにも安心。
便秘解消効果にかんする口コミ
  • 「妊娠してから一気に便秘になってしまったのですが自然由来のこちらを飲んでから1週間でスッキリ!」
  • 「赤ちゃんの肌荒れ対策に母から薦められて母乳に混ぜて与えてみました。3ヶ月で肌がとってもキレイになりました」
  • 「10年以上も便秘に悩まされていましたが、これを飲み始めて半年、2日に1回はお通じがあります!」
商品情報
  • 価格:1ヶ月分150g3680円(1日当たり123円)
  • 摂取目安量:5g
  • 成分:ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、ビートオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖
「はぐくみオリゴ」の
詳細はこちら

その他オリゴ糖商品おすすめ一覧

上記3選以外にも、オリゴ糖を含む商品はたくさん販売されています。効果には個人差があるので、いろいろ試してみて自分に合ったものを選ぶのもいいですね♪

乳酸菌とケフィアの力

乳酸菌とケフィアのキャプチャ画像

便秘に効く成分がたっぷり!

乳酸菌と酵母によるケフィア、食物繊維、ラクトフェリンなど便秘に効く成分入り。

オリゴ糖との相乗効果も見込める

オリゴ糖はフラクオリゴ糖で、上記の成分と相性もよく相乗効果も大。

フリーズドライ製法による粉末のサプリ

サッと溶けるので混ぜやすく、料理などにも使用しやすい。ほのかなミルクの風味。
商品情報
  • 価格:1ヶ月分31包3,024円(1日当たり96円)
  • 摂取目安量:1包
  • 成分:ケフィア、フラクオリゴ糖、食物繊維、ラクトフェリン

ビートオリゴ

ビートオリゴ商品画像

北海道特産のさとう大根(てんさい)が原料

北海道のさとう大根を分離精製することで抽出したオリゴ糖が原料。

高純度のオリゴ糖を配合

ビートオリゴ糖(ラフィノース)99.5%という高純度で質の良さが魅力。

甘みが少ないから料理にも気軽に利用できる

砂糖の5分の1ほどの甘さしかないので、どんな料理にもマッチ。
商品情報
  • 価格:1ヶ月分30包2,940円(1日当たり98円)
  • 摂取目安量:1包
  • 成分:ビートオリゴ糖(ラフィノース)

オリゴワン

オリゴワンキャプチャ画像

乳酸菌入りの便秘のためのサプリメント

乳酸菌のほかにしっかり腸まで届く乳果オリゴ糖を配合したドリンク。

病院や老人ホームでも採用

さまざまな施設の便秘などのトラブルがある患者・入居者に飲まれている。

味の種類が豊富で飽きない

4種類の味があり、ジュース感覚で飲めるので飽きがこないのみ魅力。
商品情報
  • 価格:1ヶ月分31本3,100円(1日当たり100円)
  • 摂取目安量:1本(125ml)
  • 成分:乳酸菌、乳果オリゴ糖

ビフィーナS

ビフィーナSキャプチャ画像

乳酸菌もたっぷり配合

乳酸菌とオリゴ糖(ラフィノース)配合の便秘や下痢に効果が高いサプリメント

特殊なカプセルで生きたまま腸まで届く

生きたビフィズス菌(ロンガム種)を3層構造のカプセルでコーティング。

機能性表示食品にも認定

森下仁丹のブランドによる商品で、消費者庁から機能性表示食品にも認定。
商品情報
  • 価格:1ヶ月分30包3,856円(1日当たり128円)
  • 摂取目安量:1包
  • 成分:乳酸菌、ラフィノース

天寿りんご黒酢

天寿りんご黒酢キャプチャ画像

黒酢専門メーカーがじっくり熟成

江戸時代から伝わっている製法「つぼつくり」を採用。1〜数年かけてじっくり発酵。

乳酸菌の豊富な黒酢とオリゴ糖のパワー

ガラクトオリゴ糖、りんご果汁、ビタミンCも配合。特定保健用食品の認可も。

酢のツーンとくる香りがない

酢が嫌いな人でも飲みやすい爽やかな味で、スッキリとした飲みやすさも魅力。
商品情報
  • 価格:23日分700ml3,078円(1日当たり134円)※1ヶ月分の目安は4,020円
  • 摂取目安量:30ml
  • 成分:黒酢、ガラクトオリゴ糖、りんご果汁、ビタミンC

ラフィノース100

ラフィノース100キャプチャ画像

特産のてんさいから抽出したオリゴ糖

北海道で作ったてんさい(ビート)から抽出したラフィノースを配合。

高純度で質の高いビートオリゴ糖

オリゴ糖100%のサプリで、高純度が魅力。体を温める効果もうれしい。

顆粒で甘さ控えめ、料理にも混ぜやすい

コーヒーや飲み物との相性もよく、オリゴ糖100%のため料理にも使いやすい。
商品情報
  • 価格:1ヶ月分60包4,104円(1日当たり137円)※1日2包で計算
  • 摂取目安量:1~3包
  • 成分:ビートオリゴ糖(ラフィノース)

キレアウォーター

キレアウォーターキャプチャ画像

オリゴ糖が入った飲みやすい水

高純度の乳果オリゴ糖を配合したクセのない飲みやすいミネラルウォーター。

飲むだけで腸内環境を改善

北アルプスの天然水と富山の海洋深層水も配合。「機能性を持った水」とも。

たっぷりのオリゴ糖を配合

1本500mlで、オリゴ糖(ラクトスクロース)はたっぷり3gを配合。
商品情報
  • 価格:24日分4,656円(1日当たり194円)※1ヶ月分の目安は5,820円
  • 摂取目安量:1本(500ml)
  • 成分:ラクトスクロース、天然水、海洋深層水

ウィズオプレ

ウィズオプレ商品画像

オリゴ糖の入ったドリンク

ガラクトオリゴ糖配合のドリンクで微炭酸、飲みやすいマスカット味。

ゼリア新薬の安心感

製薬メーカーのゼリア新薬が医薬品GMP適合工場で生産。

無添加だから妊婦にも安心!

防腐剤不使用で天然色素を使用。妊婦や子どもも安心して飲用できる。
商品情報
  • 価格:6本セット1,230(1日当たり205円)※1ヶ月分の目安は6,150円
  • 摂取目安量:1本(100ml)
  • 成分:ガラクトオリゴ糖液糖、酸味料、香料、アントシアニン色素、甘味料(スクラロース)

つるっとファイバー

つるっとファイバー商品画像

便秘に効く3つの成分入り

食物繊維、乳酸菌、ガラクトオリゴ糖を配合。便秘に効く成分がたっぷり。

子どもが飲みやすいサプリメント

子どもも摂りやすいりんご味で溶かしてジュースやゼリーとしても。

品質や安全性も◎

リンゴファイバーやオレンジファイバー、パイナップル果汁など原材料も安心。
商品情報
  • 価格:60袋6,480円(1日当たり216円)
  • 摂取目安量:2包
  • 成分:食物繊維、乳酸菌、ガラクトオリゴ糖、リンゴファイバー、オレンジファイバーなど

古式梅肉エキスドリンク

古式梅肉エキスドリンクキャプチャ画像

財団法人による梅肉エキスのドリンク

梅の研究をしている一般財団法人が製造している梅肉エキスの健康ドリンク。

血流促進のムメフラール

梅肉果汁を煮詰める課程でできるムメフラールも配合。血液サラサラ効果が。

梅肉パワーとオリゴ糖で便秘を改善

ビフィズス菌を増やすガラクトオリゴ糖も配合。梅肉も胃腸をスッキリさせる。
商品情報
  • 価格:17日分500ml4,104円(1日当たり241円)※1ヶ月分の目安は7,230円
  • 摂取目安量:30ml
  • 成分:梅肉エキス、ガラクトオリゴ糖、希少糖

乳酸菌EC-12

乳酸菌EC-12キャプチャ画像

胃酸に負けない乳酸菌EC-12

腸まで確実に届く特殊な乳酸菌を1包に10,000億個配合。

久光製薬のブランド力も魅力

大手製薬会社が開発していることもあり、安全性と信頼性はバツグン!

便秘に効く成分がいっぱい

ラクチュロース(ミルクオリゴ糖)や水溶性の食物繊維も配合している。
商品情報
  • 価格:2ヶ月分61包6,480円(1日当たり106円)
    2ヶ月分定期コース:10%OFF・5,832円(1日あたり97円)
  • 摂取目安量:1包
  • 成分:乳酸菌EC-12、ラクチュロース、水溶性食物繊維

オリゴ糖を取る前に知っておきたい10の豆知識

オリゴ糖を摂るなら、そして選ぶなら、ぜひ知っておいていただきたいオリゴ糖の基礎講座です。摂取量や安全性、オリゴ糖の種類など。 カロリーやビフィズス菌との関係に加え、虫歯になりにくい理由やオリゴ糖が含まれている食品についてもレクチャー。プレバイオティクスやオリゴ糖が効き目を発揮してくれないときの対策もお教えします!

1日どのぐらいの量がベスト?

摂り過ぎると善玉菌が増えすぎ、お腹がゆるくなってしまうオリゴ糖。その適正量はどのように決めればよいのでしょうか?実はオリゴ糖の量は、年齢や便秘の有無でも変わってきます。また市販のオリゴ糖サプリの場合、オリゴ糖の種類も違えば配合量も異なります。どうやったらベストな量が探れるのでしょうか?

赤ちゃんや妊婦でも大丈夫 ?

オリゴ糖は安全な甘味料で、赤ちゃんや幼児、妊婦さんでも安心して飲めるとあちこちに書いてあります。しかし本当に安全なのでしょうか?なぜ安全なのか、赤ちゃんに相性が良いのはなぜかなど、オリゴ糖という成分について解説しています。「安全である」という確信が持ちたい方はぜひお読みください。

種類によって効果は違うの?

オリゴ糖の種類は数多くあり、サプリに配合されているオリゴ糖は商品ごとに異なります。その効き目もオリゴ糖によって違います。例えば乳糖果糖オリゴ糖は天然のサトウキビから、ラフィノースは砂糖大根からと原料も様々。サプリメントに配合されることが多いオリゴ糖については、できれば特徴を知っておくと良いと思います。

砂糖と比べてカロリーはどれぐらい違う?

オリゴ糖には種類があるのでそのカロリーも種類によって異なります。しかし砂糖よりも少ないのは間違いありません。ダイエットに用いられるのはカロリーが少ないから。そしてオリゴ糖には吸収されにくいという特徴もあります。オリゴ糖のカロリーの目安と料理などの調味料にオリゴ糖を加えるメリットをご紹介します。

虫歯になりにくいって本当?

さまざまな効能があるオリゴ糖ですが、虫歯になりにくいという説があります。甘い食べ物と聞けば「虫歯になりやすい」という印象がありますが、オリゴ糖は虫歯を作らないのでしょうか?そして虫歯になりにくいとすれば、それにはどのような理由があるのでしょうか?歯の質が弱く虫歯になりやすい人、胃酸過多で虫歯がきになる人、歯周病がきになる人は必見のページです!

ビフィズス菌との関係は?

オリゴ糖がビフィズス菌のエサとなり、その結果、腸内のビフィズス菌は増えていきます。これはオリゴ糖が腸をキレイにするメカニズムです。 「何も腸で増やさなくてもビフィズス菌を飲めば済むのでは?」と思ったら大間違い!腸で増やすからこそ腸内環境は改善します。ほかにも効果的なオリゴ糖の摂り方などを紹介します。

オリゴ糖とヨーグルトは相性良し

オリゴ糖もヨーグルトに入っているビフィズス菌も、ともに腸内環境を改善します。そしてこの2つ、実はとっても相性が良いんです。オリゴ糖サプリメントの摂り方としてヨーグルトにかけたり混ぜたりするのを推奨している商品はとても多く、実際、一緒に摂っている人も少なくありません。オリゴ糖とヨーグルトがもたらす相乗効果とは?

オリゴ糖が含まれている食品

サプリメントで飲むのがもっとも効率的なオリゴ糖の摂り方です。でも、食材と一緒に摂ることできればもっと効率的ですよね?それに、オリゴ糖が入っている食材について、知っておくといろいろと便利なはず。オリゴ糖は母乳にも含まれていますが、ここでは誰もが食べることのできるオリゴ糖入りの食材を紹介します。

オリゴ糖が効かないときはどうする?

最近まではバッチリ効いていたのに、最近オリゴ糖の効き目を感じられなくなったとしたら腸内環境停滞期を迎えてしまったのかもしれません。これは一時的にオリゴ糖が効かなくなっている状態を指します。誰もがそうなるわけではありませんが、なぜ起こるのでしょうか?腸内環境停滞期を克服する便利な方法もお教えします。

プレバイオティクスって何?

あまり聞きなれない「プレバイオティクス」という言葉。ほかにも似たような言葉で「プロバイオティクス」があります。馴染みのない言葉という人も多いと思いますが、オリゴ糖のサプリメントを探すときやビフィズス菌について調べると出てくる言葉なので、この機会にざっくりとした意味をぜひ知っていただきたいと思います。

オリゴ糖についてよく知ろう

オリゴ糖のことをより詳しく知るために、その摂取方法やメリット・デメリットについてもさらに詳しく解説していきます。オリゴ糖を摂取する際のポイントや注意点をおさえて正しく摂取することで、その効果を最大限に生かしましょう。

そもそもオリゴ糖とは

健康に良さそうというイメージはあるものの、実際にオリゴ糖がどうして身体に良いのかまでは知らない方も多いかもしれません。そこで、オリゴ糖とはそもそもどのようなものなのか、その効果や働きについて詳しく知っていきましょう。

オリゴ糖の食べ方

オリゴ糖は様々な食品に含まれているほか、サプリメントで取り入れることも可能です。オリゴ糖の効果を最大限に生かすためには、どのように摂取するのが良いのでしょうか。ここでは、オススメの摂り方や効果的なタイミングについてご紹介します。

はちみつとの違い

はちみつも、オリゴ糖と同じく身体に良いとされている甘味料の1つですが、その違いとは一体何でしょうか?どちらを摂るのがオススメなのかも気になるところですよね。それぞれのメリットやデメリット、効果的な取り方についても見ていきましょう。

糖尿病とオリゴ糖

オリゴ糖は腸の調子を整えるだけでなく、実は血糖値が気になる方にも非常にオススメの甘味料なんです!糖尿病の予防にも効果的と言われている、オリゴ糖の知られざる効果や働きについて、ここで詳しく解説しています。

オリゴ糖摂取が危険な人とは

とても身体に良く、赤ちゃんでも食べられるほど安全性の高いオリゴ糖ですが、ごくまれに体質や食べ方によって身体に危険を及ぼす場合もあります。身体への悪影響を避けるためにも、オリゴ糖のデメリットについても理解しておきましょう。

ページの先頭へ
おなかスッキリ!オリゴ糖人気の商品比較【決定版】