読めば納得!失敗しないオリゴ糖の選び方

オリゴ糖の比較座談会はこちら
HOME » オリゴ糖についてよく知ろう » オリゴ糖の食べ方

オリゴ糖の食べ方

オリゴ糖は、野菜や蜂蜜に配合されているほか、今では便利なサプリメントタイプのオリゴ糖もたくさん出回っています。いつ・どのくらい摂取すればよいのかについて、また効果的な食べ方や食べ合わせ、摂取するタイミングなども解説します。

オリゴ糖配合の食品は?

オリゴ糖には種類がありますが、消化されることなく大腸まで届くものを難消化性オリゴ糖といいます。

野菜ではアスパラガス、タマネギ、ニンニク、ゴボウ、トウモロコシ、タケノコ、大豆などに含まれています。また蜂蜜にも含有されていますが、野菜にもはちみつにも配合されている量はほんのわずか。母乳にも含まれていますが母乳は赤ちゃんのものですから、食べ物から摂取するのは難しいといえるでしょう。

そこで活用したいのがサプリメントです。とくにラクツロースとも呼ばれる乳化オリゴ糖(難消化性オリゴ糖)は摂り過ぎても下痢を発生しにくいオリゴ糖として注目されています。

天然のサトウキビに含有されるショ糖と牛乳の乳糖に酵素を作用させることでできるオリゴ糖で、オリゴ糖の中ではしっかり甘みがありつつもカロリーが低いのが特徴です。

オリゴ糖を食べ物で取るには?

ビフィズス菌のエサとなりビフィズス菌を増やしてくれるオリゴ糖。ビフィズス菌を配合している食品と一緒に摂れば腸内環境を改善させる効果大です。

代表的なものはヨーグルト。ヨーグルトも様々な種類がありますが、乳酸菌がしっかりと腸まで届くタイプのものが良いでしょう。

オリゴ糖は砂糖の代わりとして使えますからジュースに混ぜたり、アイスクリームやプリンにかけてもOK。

オリゴ糖には「熱に強い」という特徴があるので、加熱しても問題ありません。少量をお米と一緒に炊くという方法もあります。甘みがあるので入れられるのは少量ですが、腸までしっかり届くのでビフィズス菌を増やすことができます。

また、最近のサプリメントは美味しく食べやすいものが多いので、そのまま食べても飽きがきません。

効果的なオリゴ糖の食べ方

サプリメントの場合、基本的には決められた量を摂取することになりますが、できれば1日2~3回に分けて食べるのが効果的でしょう。腸にいるビフィズス菌に一度に大量のエサを与えるよりも、何度かに分けたほうが安定した腸内環境が望めるからです。

食材から摂る場合は含有量が少ないので、1日3回、できるだけオリゴ糖が配合されている食材を摂るようにしましょう。

摂取のタイミングは基本的にはいつでも良いと思いますが、食事の時間に合わせて摂ると効果的です。オリゴ糖にはミネラルの吸収を促進させる効果があるので、食事からたくさんのミネラルを摂取することが可能になるからです。

オリゴ糖の比較座談会 詳しくはこちら
ページの先頭へ
おなかスッキリ!オリゴ糖人気ランキング 決定版