読めば納得!失敗しないオリゴ糖の選び方

オリゴ糖の比較座談会はこちら

オリゴ糖を摂取するとオナラが増える?  

オリゴ糖は自然由来の糖分であり、腸内環境を改善しながら副作用のリスクも減らしてくれる心強い存在です。 ただしその一方で、オリゴ糖を摂取するとオナラが増えるという話もあります。ここでは詳しく、オリゴ糖とオナラの関係について見ていきたいと思います。

オリゴ糖でオナラが増える理由

オリゴ糖は腸内環境を改善するために欠かせないものですが、オナラを意図的に発生させるというものではありません。 人体には基本的に無害なので、元々オナラが少ない人がオリゴ糖を摂ることで回数が増えてしまった場合には、腸内環境に良い変化が起きていると考えられます。

オリゴ糖は腸内における善玉菌のエサとなるため、腸内環境が善玉菌の優位に働くようになり、悪玉菌が撃退されて、排便のしやすい状態に整えられます。それと同時に腸の動きが活性化するため、オナラの発生回数が増える場合があります。 お腹にガスだまりができやすい人の場合も、オリゴ糖によって便通がスムーズになるため、お腹の張りが取れやすくなります。張りが取れていくと同時に、オナラとしてガスが抜けていくので、オナラの回数がいつもよりも多いと感じるかもしれません。

オリゴ糖は腸内にダイレクトに作用する(特に難消化性のもの)糖質なので、過剰摂取には注意が必要ですが、適量を守れば副作用の心配もなく、ガスが少々多めに出たとしても気に留めることはありません。 オナラが増えたとしても基本的に問題はありませんが、ガスと同時に排便の回数が増えたり、お腹を下してしまうようであれば、摂取を控えるなどして対処するようにしましょう。

オナラが増えるのは腸が改善されているため

「オリゴ糖のせいでオナラが増える」とネガティブなイメージを持っている方も少なくありませんが、オナラが増えるのは腸内環境にしっかりとアプローチをかけているため。善玉菌のエサになり、腸内の活動が促進されて、ガスがどんどん外に抜けている状態です。 まれに悪玉菌がオリゴ糖をエサにする場合もあるようですが、腸内が頑固な便秘症にかかっている場合には、少しでもお腹に溜まっているものを外に出すことが大切。腸内環境を改善すれば、自然とガスや排便がしやすい体質へと変わっていくことができます。

人によっては、オリゴ糖を摂ることで一週間から二週間程度の長期にわたって溜まっている便が、ガスと一緒に外に出ていくこともあります。このような場合、体質が少しずつ変わってきていると言えますし、オナラの回数も自然に増えていくことになります。 オリゴ糖を摂りだしてからオナラの臭いが気になる場合もありますが、これは腸内で発生していた有毒ガスや便の腐敗ガスが外に出ていくためと考えられます。オリゴ糖そのものがオナラを臭くすることはなく、腸内の環境が改善されていると考える方が自然です。

人間の体の中には無数の細菌が存在していますが、腸内には「腸内フローラ」と呼ばれる大量の細菌が存在しています。その中には善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種類があり、悪玉菌が優勢になると便の状態が悪くなったり、腐敗ガスが発生しやすくなると言われています。 慢性的な便秘症にかかっている方や、過敏性大腸症候群などのトラブルを抱えている方は、腸内環境を善玉菌優勢の状態に改善していかなければなりません。

オナラの臭いが気になる方も同様に、悪玉菌が大量に発生している可能性があります。それらのトラブルを解決するためには、目には見えない腸内の環境を整えることがポイントになります。 オリゴ糖で善玉菌にパワーを与え、有毒ガスが発生しにくい状況をつくりましょう。体内から有毒なガスが抜けていけば、自然にオナラの臭いも気にならなくなっていきます。

ページの先頭へ
おなかスッキリ!オリゴ糖人気ランキング 決定版