読めば納得!失敗しないオリゴ糖の選び方

オリゴ糖の比較座談会はこちら

オリゴ糖に副作用はあるの?   

低カロリーの甘味料として人気のオリゴ糖。野菜や乳製品などにも含まれている天然の成分ですが、摂取することによる副作用の心配はないのでしょうか。

オリゴ糖に副作用の心配はない

オリゴ糖は自然界にも存在する天然の糖質であり、体内に入ると善玉菌のエサとなるもので、基本的に副作用の心配はありません。

オリゴ糖の中には厚生労働省から特定用保険食品に指定されている種類もあり、清涼飲料水やお菓子、テーブルシュガーなどさまざまな食品にも用いられています。飲食にはもちろん、健康食品やサプリメントにも使用されている、安全性の高い物質です。

考えうる副作用の症状

オリゴ糖の副作用として考えられるのは、軟便や下痢、ガス(おなら)などが挙げられます。一日の目安量を超えてオリゴ糖を摂取すると、便が柔らかくなったり、お腹を下しやすくなる可能性があります。 これらの副作用の理由としては、大腸内にオリゴ糖が残りつづけ、その間に大量の水分を吸収するためです。便の水分量が普段よりも多くなり、軟便や下痢を引き起こします。

また、悪玉菌の数が善玉菌を上回っている場合にはオリゴ糖が残りやすくなり、ガスが発生しやすい環境になります。ガスがお腹の中に溜まると、膨満感や腹痛などを感じたり、詰まっているような感覚が続く場合もあります。

オリゴ糖の副作用はどんな時に出やすい?

オリゴ糖には消化性のものと難消化性のものがあります。そのうち、小腸で消化吸収されずに大腸に届く難消化性のオリゴ糖については、過剰摂取した際に腸内に留まりつづけるため、水分を多量に吸収して便を柔らかくしてしまいます。

難消化性のオリゴ糖は浸透圧が高く、そのままの形で大腸にまで到達します。大腸に入ると今度は腸内の浸透圧を上げるため、腸内が水分を引き寄せやすい状態になるのです。 適度な摂取量であれば問題はありませんが、過剰摂取することによって副作用が現れやすくなります。

ただし、オリゴ糖の副作用は過剰摂取時に必ず現れるというわけではありません。腸内にいる善玉菌がエサとして食べてくれれば、腸内に残るオリゴ糖はごくわずかであり、便の状態に影響は及ぼしません。 しかし、善玉菌がエサとして食べきれない場合には、そのままの形でオリゴ糖が腸内に残ってしまうため、摂りすぎには注意が必要です。 人それぞれ消化器官の状態は異なりますし、毎日少しずつコンディションは変化しています。少しでも胃腸の調子が悪いと感じる場合には、オリゴ糖の過剰摂取は避けましょう。

また、適量摂取の場合でも、体質や腸のコンディションによっては副作用の症状が出ることもあります。便が柔らかい、もしくは排便の回数が多いと感じられた際には、オリゴ糖の摂取は控えた方が良いかもしれません。 一日の摂取目安量である3g~10gを守りながら、便の量や排便回数をチェックし、上手にオリゴ糖と付き合っていきたいところです。

オリゴを摂取する際の注意点

オリゴ糖は便の水分量をアップさせる性質を持っていますので、多少の便秘症や便が硬い時などには有効ですが、反対に胃腸の調子が悪い時や軟便・下痢を起こしている時などにはおすすめできません。 一日の適量である3g~10gを超えると、オリゴ糖の性質が顕著に現れてきてしまいますので、サプリメントなどを使う際には摂りすぎないように注意が必要です。

サプリメントと食品・飲料を組み合わせてオリゴ糖を摂る場合、過剰摂取になりやすいため、こちらも気を付けていきたいところです。 また、オリゴ糖にはいくつかの種類があり、中には体質に合わないものもあります。適量摂取でも軟便になるような場合には、他のオリゴ糖に替えるか、しばらく摂取をやめて様子を見るなどして対処をしてください。

ページの先頭へ
おなかスッキリ!オリゴ糖人気ランキング 決定版