読めば納得!失敗しないオリゴ糖の選び方

オリゴ糖の比較座談会はこちら
HOME » オリゴ糖についてよく知ろう » オリゴ糖摂取が危険な人とは

オリゴ糖摂取が危険な人とは

オリゴ糖そのものに危険はなく、赤ちゃんからお年寄りまで安心して摂取することができます。ただし、まれに体質に合わない人もいないわけではありません。そんなオリゴ糖のデメリットについてリサーチしました。

オリゴ糖が危険な場合もある?

赤ちゃんも妊婦も安心して飲むことができるオリゴ糖。最近では免疫力を上げたり便秘を解消する目的でペットにも用いられています。

そんな安全なオリゴ糖ですが、ごくまれに体質に合わない人も。重度の乳アレルギーの人です。

オリゴ糖にはたくさんの種類があり、乳糖も代表的なものです。乳糖は牛乳から抽出されるので、乳アレルギーの中でも重度のアレルギーの人は注意が必要ですが、アレルギーが軽めの場合はおそらく問題はないかと思います。

また高純度のオリゴ糖の場合は乳糖やミルクオリゴ糖が成分に含まれていてもリスクはかなり少なくはなりますが、心配な人は摂取の前に医師に相談しておくと安心です。

オリゴ糖を極端に摂りすぎない

オリゴ糖は砂糖に比べると甘みが少ないので、料理などに用いるときは味の調整が難しくなり、入れすぎてしまうことも考えられます。

また血糖値が気になる人の場合、血糖値を上げないというオリゴ糖の性質に安心してしまい、オリゴ糖を摂りすぎてしまうことがあります。極端に摂りすぎなければ心配はありませんが、あまりにも大量に摂ってしまうと血糖値にも影響するという説があります。

過剰摂取によって腸内の善玉菌が増えすぎてしまい、お腹をゆるくして下痢の症状が生じることも。何を摂取するにしても適正量がありますから、できるだけ量を守るようにしましょう。

お腹がゆるい人には向かない

オリゴ糖の1日の摂取量は3~5gと考えられています。しかしもともとお腹がゆるい傾向のある人は、過剰摂取していないにも関わらず下痢を起こしてしまうことがあります。

オリゴ糖を飲んでいるからと安心してしまい、腸の負担となるような消化しにくいものばかり摂ってしまうと、こちらも下痢につながります。

お腹がもともとゆるい人は少量ずつ様子を見ながら摂取するようにしましょう。また暴飲暴食は避け、普段から腸に負担をかけないことを心がければ、オリゴ糖のパワーによってさらに良い腸内環境を目指せるでしょう。

オリゴ糖の比較座談会 詳しくはこちら
ページの先頭へ
おなかスッキリ!オリゴ糖人気ランキング 決定版