読めば納得!失敗しないオリゴ糖の選び方

オリゴ糖の比較座談会はこちら

オリゴ糖の種類とそれぞれの特徴

オリゴ糖はカロリーの低い甘味料として広く知られています。オリゴ糖といってもさまざまな種類があり、有名なフラクトオリゴ糖やガラクトオリゴ糖のほかにも、いくつかの種類があります。 ここでは、一般的に知られているオリゴ糖の種類とそれぞれの特徴を説明していきます。

難消化性オリゴ糖

難消化性オリゴ糖は、一般的な糖の分解経路である小腸での吸収・消化プロセスをたどらないため、血糖値が上がりにくいという特徴を持っています。 そのまま直接腸に届いてくれるので、善玉菌のエサとなり、腸内環境を正常化するために有用な成分です。

フラクトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖は難消化性オリゴ糖の中でも特定保健用食品として認可を受けています。野菜の玉ねぎやにんにくなどに含まれており、砂糖に近いのにクセの少ない甘味が特徴的です。

ビートオリゴ糖

ビートオリゴ糖は、ビート(甜菜:てんさい)に含まれているオリゴ糖です。オリゴ糖の中でももっとも早く大腸へ届き、大腸を住みかとするビフィズス菌のエサになると言われています。

ガラクトオリゴ糖

ガラクトオリゴ糖(ミルクオリゴ糖)は、乳製品や母乳などに含有されているオリゴ糖です。大腸に届いてビフィズス菌を増殖させる働きがあり、腸内環境の正常化に役立ちます。

大豆オリゴ糖

大豆オリゴ糖は大豆や大豆製品に含まれており、ショ糖やラフィノースなどを主成分とする少糖類の総称です。大豆だけに限らず、他のマメ科の植物にも含まれています。

乳果オリゴ糖

乳果オリゴ糖は別名「ラクトスクロース」とも呼ばれています。乳糖とショ糖を酵素処理して作られ、オリゴ糖の中でももっとも甘味度が高い(甘い)と言われています。体内に入ると、カルシウムの吸収を促進する作用があります。

キシロオリゴ糖

キシロオリゴ糖は、単糖が2つ組み合わされてできた「キシロビオース」を主成分とするオリゴ糖です。たけのこやトウモロコシに微量に含まれており、トウモロコシからキシランという食物繊維を抽出し、酵素分解することによって作られます。キシリトールガムに含まれる甘味料もこのキシランからつくられています。

消化性オリゴ糖

消化性オリゴ糖は、難消化性とは反対に小腸で吸収・消化されるため、血糖値に影響を与えやすいオリゴ糖です。それでも砂糖に比べると甘味度は低いので、料理などへの使用に適しています。

イソマルトオリゴ糖

はちみつ、しょうゆ、みそ、酒などに含まれているオリゴ糖で、消化性であるためダイエット中の甘味料にはやや不向きな面があります。ただし砂糖よりカロリーが低いので、特定保健用食品として認可を受けています。

オリゴ糖を摂取する方法

オリゴ糖を摂取する方法としては、シロップや粉末の甘味料、もしくはオリゴ糖が含まれる食品や飲料を摂取するなどの方法があります。最近ではオリゴ糖を配合したサプリメントも登場しており、甘味料以外の飲み方もできるようになりました。 整腸作用を期待する場合、飲みものや料理などに砂糖の代わりとして使う方法もありますが、サプリメントから一日分の必要摂取量を摂る方法もおすすめです。

食品からオリゴ糖を摂取する場合には、野菜や大豆製品などをたくさん食べなければならないので、ダイエット中の方などにはあまりお勧めはできません。サプリメント・粉末製品などを中心に、体との相性を見ながら摂取することをおすすめします。 オリゴ糖は砂糖に比べカロリーが低いので、少し多めに使っても問題はありません。ただし、オリゴ糖の過剰摂取によって便がゆるくなりやすい場合には、3gから10g程度と量を少なめに抑えると良いでしょう。 オリゴ糖を食べものから摂る場合には、トウモロコシや玉ねぎなどの食材を意識的に使うようにします。腸に負担をかけない程度に、オリゴ糖を含む食材を摂取することをおすすめします。

ページの先頭へ
おなかスッキリ!オリゴ糖人気ランキング 決定版