読めば納得!失敗しないオリゴ糖の選び方

オリゴ糖の比較座談会はこちら

食欲不振

オリゴ糖は腸内環境の改善やダイエットの味方など、さまざまな効果が期待できる甘味料です。 しかし意外なことに、食欲不振を解消する効果があることについてはあまり知られてはいない部分です。

オリゴ糖の食欲不振解消パワーとは

オリゴ糖はそれ自体が甘味を持ち、甘味料として使うことができます。砂糖の甘さが苦手な人や、甘いものが苦手な人でも口にしやすいため、料理の味付けに使うこともできます。 良質な甘味料であることはもちろんですが、実はオリゴ糖は食欲不振にもアプローチすることができます。食欲不振というと、胃のもたれや胃炎などを想像しますが、腸内環境が悪化する場合にも食欲不振は起きやすくなります。

腸内環境が乱れてしまうと、腸のぜん動運動や老廃物を外に出そうという働きが鈍くなるため、消化器官としての機能が低下し、便秘症などにかかりやすくなります。 便秘には食欲不振を招くリスクがありますので、一日1回は快便の習慣を身に付けたいところです。

オリゴ糖が食欲不振解消に効果がある理由

オリゴ糖は砂糖と違って、腸内に直接届いて善玉菌の食糧となります。そのため、オリゴ糖を継続的に補うことで善玉菌優位の腸内環境となり、ぜん動運動をはじめとした腸内環境の改善効果が期待できます。 胃の消化機能そのものが弱っている場合にはあまり効果は期待できませんが、腸内環境の悪化による食欲不振に対しては、オリゴ糖が善玉菌と協力して改善効果をもたらしてくれるのです。

私たち現代人は油ものの食事や不規則な食生活を続けがちで、常に腸内環境を悪化させやすい環境に置かれています。 そのような状態が続くと、善玉菌よりも悪玉菌が増殖しやすくなり、体内に溜まった老廃物などが正常に流されなくなり、その結果として腸内環境が悪化。便秘などのトラブルを招き、そこから食欲不振が起こりやすくなってしまいます。

オリゴ糖を継続的に補うことは、慢性的もしくは突発的な便秘を解消し、腸内を良好な環境に変えて、食欲を取り戻す助けとなるのです。

食欲不振を改善しつつ健康的なダイエット

オリゴ糖には腸内環境の乱れに由来する食欲不振を解消する役割がありますが、もう一方で腸内に届いて善玉菌の栄養源となります。 善玉菌の活動力を上げるということで、腸内環境を改善し、一日1回以上の習慣的な排便を可能にすることができます。

習慣的な排便が可能ということは、体に溜まった老廃物を効率的に外に出せるということ。つまり、むくみや便秘、あるいは腸にまつわるトラブルなどを継続的に予防しながら、余計なものを体に溜めこまないように体質改善ができるのです。 この効果は、ダイエットを心掛けている人にとっても心強いものです。ダイエット中はカロリーの摂取量を抑えるだけでなく、余分なものをしっかりと外に出すことも重要です。 その点において、オリゴ糖は腸に溜まったものを効率良く外に押し流すサポートを担ってくれます。

また、オリゴ糖は砂糖の約半分という低カロリーの甘味料です。砂糖やはちみつなどの甘味料と置き換えるだけで、大幅なカロリーカットが期待できます。 ダイエット中でカロリーオーバーができない時や、ちょっとだけ甘いものが欲しい時、あるいはヨーグルトやコーヒーなどにちょっとした甘味が必要な時などに、便利に活用できます。

ページの先頭へ
おなかスッキリ!オリゴ糖人気ランキング 決定版