読めば納得!失敗しないオリゴ糖の選び方

オリゴ糖の比較座談会はこちら

アトピー

多くの人が悩んでいるアトピー性皮膚炎。アレルギーを改善させるオリゴ糖は、アトピーにも効果的です。そのメカニズムをわかりやすく説明していきましょう。

オリゴ糖はアトピーも改善する?

かゆみや皮膚に炎症を起こす辛いアトピー。子供に多いと考えられていますが、最近では大人になってから発症する例も少なくありません。その原因はまだはっきりせず、根本的に完治させる治療法も確立されていません。

そんなまだまだ不明点の多いアトピー性皮膚炎ですが、腸内環境の悪化が原因の一つと考えられており、一説には便秘の人に多いと言われています。

オリゴ糖がアトピーに良いとされるのは善玉菌を増やし、便秘を改善してくれるから。便秘を治すことでアトピーの原因を一つ、取り除くことができます。腸壁を守ってくれることもアトピーに効く理由です。代表的な甘味料である白砂糖は摂り過ぎると腸壁にダメージを与えます。すると未消化タンパク質が腸を通り抜けてしまい、それがアレルギーを引き起こすアレルゲンになってしまうのです。

白砂糖をオリゴ糖に替えるだけでアトピーの原因をさらに一つ減らすことができるので、アトピー体質の人は白砂糖を控え、糖分はできるだけオリゴ糖で摂取するといいでしょう。

免疫力アップでアトピーを撃退!

オリゴ糖には免疫力をアップさせる働きもあり、アトピーにも効果が高いと考えられています。

免疫力と腸には深い関係があります。免疫システムのおよそ7割は腸に集中しているからです。腸の元気がなくなると免疫力も落ちてしまい、アトピーの症状が出たり、症状が悪化することがあります。オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やし、腸をキレイに元気にします。その結果、免疫力を上げることができるのです。

加えて、オリゴ糖にはIgE抗体を抑制する働きもあります。花粉症のページではIgA抗体が多いほうがアレルギーを抑えられると書きましたが、似たような名前のIgE抗体はIgA抗体と違い、少ないほうが良い抗体です。IgE抗体はアトピーやアレルギーの原因となる抗体で、アトピー体質の人はこの抗体の数値がとても高いと言われています。

アレルギーを起こす原因となるIgE抗体の働きを抑制し、発生してしまったアレルギーを抑制するIgA抗体を増やしてくれるオリゴ糖。アレルギーは一朝一夕では治りませんが、オリゴ糖で腸内環境を整え続けることで症状を軽減することは十分に可能です。

ページの先頭へ
おなかスッキリ!オリゴ糖人気ランキング 決定版