読めば納得!失敗しないオリゴ糖の選び方

オリゴ糖の比較座談会はこちら
オリゴ糖で便秘解消!腸内環境改善おすすめランキング » オリゴ糖で健康になろう~知っておきたい10のコト~

オリゴ糖で健康になろう~知っておきたい10のコト~

オリゴ糖摂取において、知っておきたい注意点をまとめています。特にこれからオリゴ糖を摂ろうと考えている方は一読しておく必要がありそうですね。

1日どのぐらいの量がベスト?

オリゴ糖の摂取量は、たくさん摂ればいいものではありません。便秘を解消、健康維持など目的によっても必要量が異なるでしょう。各商品には「1日目安量」という記載がありますので、用法用量をよく読みましょう。

摂取量についてはこちら>>

赤ちゃんや妊婦でも大丈夫 ?

オリゴ糖は妊婦さんや赤ちゃんでも安心して飲める健康食品。特に便秘になりがちな妊婦さんでも、赤ちゃんを気にせず飲めるのは嬉しいポイント!ただし、飲みすぎは下痢を招いてしまいますので、十分注意してくださいね。

妊婦や赤ちゃんへの安全性についてはこちら>>

種類によって効果は違うの?

主な種類として、「乳糖果糖オリゴ糖」、「ガラクトオリゴ糖」、「ビートオリゴ糖」、「フラクトオリゴ糖」、「イソマルトオリゴ糖」の5つがあります。種類によって効果の違いはあるようなので、使い分けるのもいいでしょう。

種類や効果についてはこちら>>

砂糖と比べてカロリーはどれぐらい違う?

一般的な砂糖1gが4kcalに対して、オリゴ糖1gあたりは2kcalと半分程度しかありません。カロリーが半分になっても甘さはさほど変わりませんので、料理やヨーグルトの代用品として使われることが多いようです。

砂糖とオリゴ糖の違いについてはこちら>>

虫歯になりにくいって本当?

オリゴ糖は、虫歯になる原因の酸を発生させないので、虫歯になりにくいと言われています。しかし、オリゴ糖を口にするときは何かしら他の食べ物を一緒に食べているわけですので、しっかり歯磨きをする必要はありそうですね。

虫歯との関係性についてはこちら>>

ビフィズス菌との関係は?

オリゴ糖はビフィズス菌(善玉菌)の大好きなエサ。つまり、オリゴ糖を摂ることによって善玉菌が増え、腸内環境が良くなるということです。ビフィズス菌は加齢とともに減少していくので、年齢に合わせて摂りたいものですね。

ビフィズス菌との関係についてはこちら>>

オリゴ糖とヨーグルトは相性良し

ヨーグルトに含まれているビフィズス菌が、腸まで届くのはほんのわずか。そのわずかなビフィズス菌を増やしてくれるのが、オリゴ糖というわけです。一緒に摂ることでその効果を高めてくれるので、是非とも一緒に摂ってくださいね。

オリゴ糖とヨーグルトの関係性についてはこちら>>

オリゴ糖が含まれている食品

主に「大豆」、「牛乳」、「はちみつ」、「根菜類(一部)」、「野菜類(一部)」に含まれています。それぞれから摂れるオリゴ糖の種類は若干違いますので、詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてください。

オリゴ糖が含まれている食品について>>

オリゴ糖が効かないときはどうする?

オリゴ糖が効かない理由として、「飲み方が間違っている」または「オリゴ糖の種類が合っていない」の2つが考えられます。飲む時間や摂取量を変えてみたり、他のオリゴ糖を試してみることで、もしかしたら効くかもしれませんよ。

オリゴ糖が効かないときについてはこちら>>

プレバイオティクスって何?

「プロバイオティクス」とは、腸内に存在する善玉菌のことで、「プレバイオティクス」はその働きを後から支える物質の総称のことを指します。なんだか難しいですね。簡単に言うと、どちらも腸内環境にはなくてはならない存在です。

プレバイオティクスについてはこちら>>

ページの先頭へ
おなかスッキリ!オリゴ糖人気ランキング 決定版