読めば納得!失敗しないオリゴ糖の選び方

オリゴ糖の比較座談会はこちら

ビフィズス菌との関係は?

オリゴ糖とビフィズス菌の関係について解説しています。

オリゴ糖とビフィズス菌の関係って?

ビフィズス菌が体に良いことは有名ですよね。腸内環境を整えて、便秘や下痢に効果があることは、多くの人から認知されています。

ビフィズス菌は、身体を健康にする善玉菌の一種。腸内には一定量の菌しか住めないため、善玉菌が増えれば、それだけ悪玉菌は減るということになります。つまり、ビフィズス菌を腸内に増やせば健康的な体を維持できるわけです。

それならばビフィズス菌を含んだ食品をたくさん食べれば良いと思われがちですが、実は、ビフィズス菌は胃酸に弱いため、口から摂取しても、なかなか生きて腸までたどり着くことが難しいのです。そこで登場するのがオリゴ糖です。

オリゴ糖はビフィズス菌の大好きなエサ。腸内にオリゴ糖が入ってくると、それまで住み着いていたビフィズス菌は、オリゴ糖を食べて増殖します。口から摂っても、なかなか増えないビフィズス菌に対し、オリゴ糖というエサを与えることで、体内で増殖させるのです。

こうして腸内の善玉菌の比率が増えて、健康的な体を維持することができると言われます。

特に、ビフィズス菌は年齢とともに減少していくことが分かっているので、加齢に応じてオリゴ糖を摂取することが望まれます。

どのようにオリゴ糖を摂取すれば効果的?

オリゴ糖は、多くの食品に含まれています。代表的なのは、バナナ・ゴボウ・大豆・納豆・玉ねぎ・はちみつ・サトウキビなど。

しかし、それぞれの食品に含まれるオリゴ糖だけでは、ビフィズス菌を増殖させるのに、とても十分な量とは言えません。

最近では、市販で、人工的に抽出されたオリゴ糖が販売されています。それを、砂糖代わりに使うという方法がとっても簡単で、効率よく摂取できます。コーヒーや紅茶などに使用しても良いですね。

また、嬉しいことに、オリゴ糖のカロリーは、砂糖の約半分。しかも体内には吸収されにくい性質なので、血糖値の高い人やダイエット中の人にも向いています。

推奨される摂取量は年齢などによって差がありますが、一日、2グラムから20グラム。ぜひ普段の生活の中に、オリゴ糖を組み込んでみてはいかがでしょうか?

オリゴ糖を毎日摂るのは大変!

オリゴ糖はできる限り食品で摂りたいですが、毎日摂ろうとすると大変なんです。「バナナを欠かさず食べて、ゴボウはきんぴらやみそ汁に入れて、大豆は煮て食べてみよう。納豆は朝昼晩3食欠かさず添えよう。料理には玉ねぎを忘れずに入れて、調味料にははちみつを使わないと…」。この生活を毎日欠かさず続けるのは無理がありますよね。

それにこれだけの量を摂ったとしても、ビフィズス菌を増殖させるのに必要な量のオリゴ糖を摂ることができないのです。甘味料として販売されているオリゴ糖も、摂取のたびに併せてコーヒーや紅茶を飲み続ける必要があります。そんな毎日を本当に続けられるでしょうか?

サプリメントは、必要な分を必要なときに摂取できます。「毎日続けるのが難しい!」というときにサプリメントで補えば、毎日ビフィズス菌が活発に動いてくれるでしょう。

ページの先頭へ
おなかスッキリ!オリゴ糖人気ランキング 決定版