読めば納得!失敗しないオリゴ糖の選び方

オリゴ糖の比較座談会はこちら
HOME » オリゴ糖で健康になろう~知っておきたい10のコト~ » 赤ちゃんや妊婦でも大丈夫 ?

赤ちゃんや妊婦でも大丈夫 ?

赤ちゃんの便秘や、妊娠中、授乳中の便秘解消におすすめのオリゴ糖。安全性や使用方法について調べています。

安心して使用できる健康食品「オリゴ糖」!

オリゴ糖は、赤ちゃんでも、妊婦さんでも安心して使用できる健康食品です。

もともとオリゴ糖は、植物(野菜や果物など)にも含まれている天然の成分ですし、昔からよく知られている成分ですから、安全性はお墨付き。

赤ちゃんや、妊娠・授乳中の女性が口に入れる食べ物は気を遣うものですが、オリゴ糖なら毒性や副作用の心配がないので、安心です。

赤ちゃんの便秘対策にはオリゴ糖!

オリゴ糖は、お母さんの母乳に含まれている成分でもあります。

母乳を飲むことで、赤ちゃんの腸内ビフィズス菌は活動を始め、お腹の調子を整える働きが開始されているのです。
赤ちゃんにとっては、欠かすことのできない大切な栄養素というわけですね。

ところが、食生活の変化などから、最近のお母さんの母乳成分はオリゴ糖の割合が少なかったり、人工ミルクで育つ子もいて、おなかの働きがうまくいかない赤ちゃんが多いそうです。

また、生まれたばかりの赤ちゃんの腸内はきれいで、便秘の原因となる悪玉菌はほとんどいないのですが、ミルクから離乳食に切り替えると、おなかに悪玉菌が増え始めます。
固形物も食べるようになるので、この時期は便秘になる可能性がぐっと高くなります。

赤ちゃんは便秘になっても自分で訴えられませんし、肛門が切れて出血したり、おなかが張って苦しがったりといった症状も出てきますから、できるだけ早く気づいて、ケアしてあげたいですね。

便秘の対処法としては、赤ちゃん用の便秘薬を使う方法もありますが、赤ちゃんに薬を使うのは、やはり不安がある方も多いと思います。

そこでおすすめなのが、オリゴ糖。

先ほど言ったように、便秘の原因はオリゴ糖不足や悪玉菌の増加ですから、
赤ちゃんの便秘には、オリゴ糖をプラスしてあげることで、改善効果が期待できます。

赤ちゃんにオリゴ糖を与えるときは、ミルクや飲み物、離乳食に混ぜてあげると、抵抗なく食べてもらえます。(容量は各商品の規定をしっかり確認してくださいね)

便秘になってしまったときだけでなく、普段からオリゴ糖を摂らせてあげれば、予防にもなりますよ。

妊婦さんや授乳中のママも安心

赤ちゃんだけでなく、妊婦さんや授乳中の女性にとっても、便秘はやっかいなものですよね。

妊娠中や育児中はホルモンバランスが乱れやすく、ストレスも多いので、どうしても便秘になりがち。

そういうときも、オリゴ糖で腸内環境を整えることで、便秘改善の効果が期待できます。

天然成分ですから、便秘薬と違って赤ちゃんへの影響の心配もなく、安心して使うことができますよ。

また、授乳中にお母さん自身がオリゴ糖を摂れば、母乳に含まれるオリゴ糖も増やすことができて、ママにも赤ちゃんにも効果的です。

ただし、天然成分で安心とはいえ、用量を守らないと、オリゴ糖でもおなかを壊したり、下痢などになってしまうこともあります。
商品ごとの用量は、きちんと守って摂取しましょう。

トクホマーク(特定保健用食品)のある商品がおすすめ

トクホマーク(特定保健用食品)

特定保健用食品、通称「トクホ」は、特定の成分がカラダの機能に効果があるとして、科学的に証明された商品に対し、国(消費者庁長官)が許可したものです。

市販のオリゴ糖にも、おなかの調子を整える効果が科学的データで裏づけされた商品には、特定保健用食品のマークがついています。

きちんとした科学的データに基づき、必要量等も明示されているので、効果を期待できることはもちろん、赤ちゃんや妊婦さんにとって、より安全で安心できる商品を選ぶ際のマークとして役立っています。

オリゴ糖の比較座談会 詳しくはこちら
ページの先頭へ
おなかスッキリ!オリゴ糖人気ランキング 決定版