読めば納得!失敗しないオリゴ糖の選び方

オリゴ糖の比較座談会はこちら
HOME » オリゴ糖で健康になろう~知っておきたい10のコト~ » 虫歯になりにくいって本当?

虫歯になりにくいって本当?

なぜオリゴ糖は虫歯になりにくいのか、その理由を解説。小さなお子さんのいるママは必見。

甘いからといって歯をいためない「オリゴ糖」

オリゴ糖は虫歯菌によって分解されて酸を生むことがないので虫歯にならないと言われています。

本来、甘いものなど糖類を食べることで、口腔内の細菌が糖類を分解します。

糖類が分解されることで、酸が発生します。この酸によって歯が溶かされて虫歯になるのです。

口は通常ph(酸性・アルカリ性の程度の単位)6.7ですが、糖類が分解されたときにはph5.5以下になります。

ph5.5以下になるとカルシウムが溶け出します。

つまり虫歯が発生するということになります。

口腔内の細菌が分解すると酸に変化する糖類は、ブドウ糖・砂糖・果糖などがあり、これらの糖類は、食べると虫歯になるリスクが発生します。通常のご飯やお菓子・ジュースなどに多く含まれる糖類は虫歯の原因になる糖類です。

それに比べて、オリゴ糖は酸を生まず、母乳にも多く含まれている糖類で、オリゴ糖は腸内環境にとってとても良く、腸内の良性の善玉菌を増やす働きがあります。

オリゴ糖の中でもパラチノースやトレハロースは特に虫歯菌が反応しないものと考えられています。

このように腸内環境にも良く、口腔内の環境にも優れた糖類なのです。

口腔内の細菌バランスにも腸内の細菌バランスともに、優れた効果を発揮するのがオリゴ糖です。

また、歯の質自体がもともと弱い方や、口腔内に悪い細菌の多い方は妊娠や出産でホルモンバランスが崩れることで虫歯や歯周病になりやすくなるため、砂糖を控える方が多い中、オリゴ糖なら安心して摂取できます。

子どもが生まれた後も、オリゴ糖の知識をつけておくと虫歯予防に役立つでしょう。

ただし、オリゴ糖だからと安心し、基本のうがいや歯磨きをおこたれば、虫歯にはなりますので、基本はしっかりと守り、オリゴ糖を摂取しましょう。

オリゴ糖の比較座談会 詳しくはこちら
ページの先頭へ
おなかスッキリ!オリゴ糖人気ランキング 決定版