読めば納得!失敗しないオリゴ糖の選び方

オリゴ糖の比較座談会はこちら

オリゴ糖とヨーグルトは相性良し

「ヨーグルトを食べるときに、オリゴ糖を一緒に摂取すると良い」と言われている理由と、特にどんなヨーグルトと摂ると良いかを紹介しています。

オリゴ糖とヨーグルトの関係

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌(乳酸菌)は、腸内環境を整え、便秘解消の効果があると、多くの人に知られています。

また、ビフィズス菌が増えることは、悪玉菌の除去にもつながるので、全身の免疫力向上にも繋がるんですよ。

しかしビフィズス菌は酸に弱いため、たくさんヨーグルトを食べても、実際に生きた状態で腸まで届くビフィズス菌は、そのうち、ほんのわずか。

生きた状態で腸に届くビフィズス菌がわずかなら、そのわずかなビフィズス菌を腸の中で増やすことはできないのでしょうか…実は!オリゴ糖は、ビフィズス菌を増やす働きを持っているのです。

他のページでも紹介していますが、オリゴ糖はビフィズス菌のエサのような成分です。オリゴ糖が腸に届けられることによって、腸内ではビフィズス菌が繁殖します。

その結果、ビフィズス菌の効果が発揮できるので、整腸作用が働き、便秘や下痢の解消につながります。

なので、たくさんのビフィズス菌が含まれているヨーグルトと、そのビフィズス菌を増やしてくれるオリゴ糖を一緒に摂ると、よりビフィズス菌の効果を高めてくれるのです。

無糖ヨーグルトをオリゴ糖で甘くして食べよう

ヨーグルトとオリゴ糖を一緒に摂ると良いことは、お分かりいただけたとお思います。しかし、ヨーグルトとオリゴ糖、バラバラで摂るのはちょっぴり面倒に感じてしまいますよね。

そこでおすすめなのが、無糖ヨーグルト。そのまま食べると、ちょっと酸っぱい無糖ヨーグルトに、砂糖やジャムを入れ、甘くして食べる人は多いと思います。

その砂糖やジャムの代わりに、オリゴ糖を入れて食べるのがおすすめ。これなら、ヨーグルトと一緒にオリゴ糖を簡単に摂取できますし、オリゴ糖は甘いけど低カロリーなので、カロリーカットにもなります。

相性の良いヨーグルトは

よく「生きたまま腸まで届く」という宣伝をしているヨーグルトがありますよね。

トクホマーク(特定保健用食品もちろん全てのビフィズス菌が生きたまま腸まで届くのは難しいですが、一般的なヨーグルトに比べると、こうした宣伝を行っているヨーグルトの方が、腸まで届くビフィズス菌の比率が高めです。

また、明確にそのような宣伝をしていなくても、いわゆるトクホマーク(消費者庁許可 特定保健用食品)が付いているヨーグルトは同じ効果を持つと考えられます。

ヨーグルトを食べるなら、ちょっと贅沢に、より効果が期待できるものを選んでみてください。

毎日ヨーグルトを摂るのは大変!

ビフィズス菌を多く含むヨーグルトを選んで食べるのは良いことですが、毎日続けるのは大変です。なにより、より高い効果が期待できるヨーグルトを選び続けると出費もかさんでしまいます。またいくら相性が良いとはいえ、ヨーグルトとオリゴ糖の組み合わせだけを毎日食べ続けるのは一苦労。味を工夫するにも限界があり、続けるうちに飽きがくるでしょう。そう考えると、オリゴ糖を毎日効率よく摂ることの難しさが分かります。

オリゴ糖を毎日摂らないといけないと分かっていても、「今日は食べたくないな」と思う日があるかもしれませんね。ヨーグルトを食べない日は、サプリメントで補うことをおすすめします。サプリメントなら手軽にオリゴ糖を補えるので、食品で摂れない分をカバーしてくれますよ。「食べなきゃ」という気負いもなく、必要なときに必要なぶんだけ摂取できるのでおすすめです。

ページの先頭へ
おなかスッキリ!オリゴ糖人気ランキング 決定版